消滅時効とは 時効の援用とは

2013年09月09日

時効の失敗!?

借金の時効は時効の援用のタイミングを判断することが難しく、自己判断は危険な部分もあります。

時効といっても、決められた期間を過ぎればいいものではないからです。

まず、時効の日数を数え始める日を起算日といいますが、この起算日は借金の契約によります。
たいていは、最後に返済をした次の返済予定日以降を数えます。
しかし、なかには契約時に返済日を毎月きちんと決めていない貸金業者もありますし、契約は人それぞれなので、起算日がいつなのか間違えやすいのです。

また、借金の時効には中断があります。
刑事事件のドラマなどで、海外にいた期間は時効がストップしていること、ありますね。そんな感じで借金の時効にも中断する場合があるのです。
しかも、借金の時効は、中断するとカウントは0になり、また1から数えることになります。
たとえば、返済をしなくなり起算日から4年経った日に、債権者から借金の減額をしますといわれ、減額の話にのってしまったら、時効はそこでストップ。それまでの4年間はなくなり、振り出しに戻ります。
債権者が裁判所に訴えて差し押さえなどを受けると、これもその時点で時効はストップ、しかも、それから10年経たないと時効になりません。

もしも、時効前の4年11ヶ月のときに、時効を過ぎたと勘違いして時効の援用をしてしまうと、債権者が中断させるために裁判所に訴えてしまいます。
あと、1ヶ月ちょっと待っておけば時効を成立できたのに、早すぎて逆に中断されてしまったという時効の失敗は実際にあります。


失敗しない消滅時効の援用のためには、時効について正しく知ることです。

ぴかぴか(新しい)アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る


相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。

posted by タナカハナコ at 16:12| 時効の援用について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

借金の時効の正しい知識

借金に時効があることを知っていても、どうすれば時効になるのか詳しく知っている人は少ないのでは・・・と思います。

時効まで返済せずに逃げ切ればいいと安易に考えている人もいるようです。
なかには、本当に返せなくて住民票がないので定職にもつけず、ひっそりと暮らしている人もいらっしゃいますが・・・

消費者金融や銀行などからの借り入れの時効は5年です。
だから、5年間返さなければ時効で借金がチャラになると考えている人がいるんですねたらーっ(汗)

確かに時効期間は5年ですが、5年間も督促をしない金融業者はいるでしょうか?
返済から逃げるのも、そんなに簡単なことではありません。

時効には中断というものがあります。
お金を貸した債権者が裁判所に申し立てをし、差し押さえなどの法的な措置を受けると、時効期間は10年になります。

裁判所に申し立てをされることなく、確実に5年以上過ぎていれば時効の可能性はありますが
何年も逃げていると、自分の借金が今どういう状態なのかは把握しきれないものです。

時効かもと思ったら、まずは相談できるところに相談してみましょう。
返済しなくなってからのことは、詳しく話してください。

失敗しない消滅時効の援用のためには、時効について正しく知ることです。

アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る


相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。




posted by タナカハナコ at 15:01| 時効の援用について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

借金の時効を知りたい

借金の時効に必要な期間は5年です。

しかし、どこから5年をカウントし始めるのかは、人それぞれなんです!

借金や携帯料金の未払い、家賃の滞納金を抱えて悩んでいるなら、時効があると聞いたら、自分は時効に当たるのか気になると思います。

5年以上経ってるけど、時効の中断という場合もあるし・・・

時効と思って時効の援用をしていいのか、判断は難しいのです。

はっきりさせるには、専門家に相談してください。

そのとき、最後に支払った記録があれば役に立ちます。


時効かな、と思っている間にも、時効の中断措置をとられる恐れがあります。

ただ悩んでいるよりも、はっきりさせることで、次に進めますよ!


相談は無料!時効チェックも無料でできまするんるん

アヴァンス行政書士法人 公式サイトはここから


posted by タナカハナコ at 17:53| 時効の援用について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。