消滅時効とは 時効の援用とは

2017年05月17日

未納の携帯料金をどうするか

携帯料金の未納を何ヶ月か続けると、強制解約になります。

未納分を払えば携帯の契約ができるようになるのですが、親や友人の名義で契約してもらえば携帯電話は持てるので、未払いはそのままにしている人っていますね。

払わないと携帯電話を持てなくなるのであれば、ちょっとずつでも払ったかもしれませんが
払わなくても支障が無ければ、未払いでも気にならないみたいです。
こういううっかりさん(身勝手な人)、意外といます。

まともな人なら、未払いなんて、気になってしかたないと思いますが💧
(本体代金を分割払いで購入した場合、未払いを起こすと信用情報にキズがつきます)

未払いのままだと、色々な審査に通らないケースがあります。
例えば、「自分名義の携帯を持ちたい」、「クレジットカードを作りたい」、「ローンを組みたい」というケースです。

なぜ審査に通らないのか?
それは、未納分が個人信用情報に載っていて、ローンなどの審査に通らないからです。
そこで未納分をどうするか考えるようになります。

延滞料金とともに払うか
消滅時効を援用するか

どっちがいいか悩む人は多いです。
それ以前に消滅時効って何?って人のほうが多いですが・・・。

時効が完了していれば、お金は一切払わなくてすみます。(ただし時効の援用を行わないと支払い義務はなくなりません)
時効といえば聞こえはいいですが、いわゆる支払いの踏み倒しです。
踏み倒しと未納なら…どっちもどっちだと思いますが💧
払わなくてもよい状態なら時効の援用をおすすめします。

まずは時効について正しく知ることからはじめてみたほうがいいかもしれません。
くわしく解説してあるサイトです。

払えない借金や携帯料金は時効援用で解決!
http://eakmt.net/



失敗しない消滅時効の援用のためには、時効について正しく知ることが重要です。

消滅時効の援用を相談できる事務所。アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
相談無料!実績多数!大手事務所の安心感。


※一部内容を修正しました(2017年5月17日)



posted by タナカハナコ at 12:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

携帯料金を滞納したらこうなります

借金には時効があります。
そして、携帯電話料金を滞納して未払いのままでいると、これも時効があります。
ただし、時効期間を過ぎれば時効が成立するのではなく、時効の援用という手続きが必要です!

携帯料金を滞納すると、○日までに支払ってくださいという督促が届きます。
それでも払わないでいると、キャリアによりますが、だいたい2、3ヶ月くらいで強制解約になります。

その後も年に何回か督促が届きます。

機種代金を分割で払っていた人やクレジット払いにしていた人は、信用情報に滞納が記載されます。つまりブラックリストに載ります。
クレジットカードの審査やローンの審査は通りません。

未払いのままだと、携帯電話の契約はできません。他のキャリアでも断わられます。

その後も滞納を続けると、延滞金が発生し、支払額は増えていきます。

携帯は自分名義じゃないし、クレジットカードもローンも必要ないから、と、滞納を続ける人もいますが…

何年か経つと、住宅や車のローンを考えるようになったり、自分名義の携帯にしたいと思うのです。
そのときになって、払おうと思っても、延滞金も合わせると高額になっていたりします。

債権者(携帯会社)から裁判所に申し立てをされて、差し押さえを受けた人もいます。

滞納のままよりも、払えないなら、分割で払う相談をしたり、時効の援用をするなどの方法をとりましょう。
いつまでもブラックでいるよりもいいと思います。

失敗しない消滅時効の援用のためには、時効について正しく知ることです。

アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る

エストリーガルオフィス 公式サイトを見る


相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。

posted by タナカハナコ at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

借金返済を滞納すると…

借金を時効にするには、5年以上支払いを放置しておくことになります。

5年というのは、結構長いです。

返済が滞って返せなくなると、督促の電話や督促状が届きます。
それでも返済しないと、貸し金業者によっては家に督促にくることもあります。

抱えた借金が多重債務の場合、それぞれの金融会社から督促がくるので大量に受け取ることになります。
その前に、払えなくなると引っ越しします。
引越し先がバレてしまうと、督促状がくるので、住民票を移動させないまま引っ越す人がほとんどです。

住民票をそのままにして長期間放置すると、抹消され、住所不定となります。
住所不定になれば、保険証を持つことができないので病気になっても自費で診てもらうことになります。


引っ越して督促も受け取らずに何年も経つと、お金を貸した債権者は時効を中断させるために裁判所に申し立てをすることもあります。
申し立ての流れなど詳しいことは省略しますが、この申し立てにより判決が下されると、時効は中断します。
もう少しで5年だったとしても、ここで振り出しにもどって、10年間過ぎなければ時効にはなりません。

引越しをして気づかない間に時効が中断となることもあるんです。

逆に債権者が何もせず、中断にならなかった人もいます。


滞納してからのことは、本人にしか分かりませんが、知らないところで中断していることもあるので、時効の援用をする前に相談してみることです。
相談先は、時効について詳しい専門家を選んでください。


時効の援用は個人でやれますがリスクの高いことが多いです。
失敗しない消滅時効の援用は専門家にお任せすることをおすすめします。
アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。





posted by タナカハナコ at 17:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。