消滅時効とは 時効の援用とは

2013年09月12日

携帯の分割代金

携帯を買うとき、機種代を一括で支払うか、分割払いにするか、支払い方法は2つあります。

分割にすると、2年契約などの条件はありますが、機種代が実質タダになるのですすめられて契約する方は多いと思います。

携帯料金を滞納すると、分割で払っている機種代のローンも滞納していることになります。
一括購入していて携帯料金だけなら、契約していたキャリアに未払いの情報がのるだけですが、機種代はローンですので、信用情報に未払いの情報が書かれます。
これはクレジットカードを作ったり、使用するうえで支障をきたします。

未払い金は早く払いましょう!

払いたいけどお金がなくて払えなないまま何年も経ってしまったなら、支払う以外にも方法があります。

携帯料金の未払いには時効があります。家賃の未払いにも同じく時効があります。

5年以上督促を無視していて、裁判所からの支払い督促を受け取ったことはないのなら、時効の援用をすることで、支払い義務がなくなるかもしれません。

時効には未払い金を払う必要がなくなりますが、デメリットもあります。

支払いもせずに踏み倒すので、当然、自分名義で携帯の契約はできません!
分割払いにしていた場合、ローンも踏み倒しているので、その後住宅ローンやクレジットカードの審査が通らないと思います。

時効の援用を考えている人は、詳しい人にしっかり聞いて、デメリットも考えて行ってください。

時効の援用は個人でやれますがリスクの高いことが多いです。
失敗しない消滅時効の援用は専門家にお任せすることをおすすめします。
アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。






posted by タナカハナコ at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。