消滅時効とは 時効の援用とは

2013年09月05日

払ってない携帯料金は…

携帯料金が払えなくなって、滞納→強制停止→支払い督促のハガキが届いた→払わずに踏み倒し

結構いるみたいです。携帯料金を未払いのままにしている人。

払わないでいると、まず、自分名義の携帯がもてません。
クレジットガードの審査では、滞納があると通りません。

何より、請求を無視して払っていないというのは、お金にだらしないということ!信用がなくなります。

この未払い料金はずっと残ります。払っていないので当然です。
何年も経ってから、払おうと思った時には、延滞料が発生しています!
この延滞料が結構な金額になっていると、支払うことをあきらめてしまう人もいるみたいです。

携帯料金の未払い分をすっきりさせるには、延滞料も含めて全額支払うこと以外の方法もあります。

実は、未払い料金には時効があります。
携帯代も、5年以上支払いから逃げて、督促も無視していたなら、時効の条件がそろっているかもしれません。

何年も前の支払いのことで悩んでいるなら、時効について詳しく聞いてみませんか?


時効の援用は個人でやれますがリスクの高いことが多いです。
失敗しない消滅時効の援用は専門家にお任せすることをおすすめします。
アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
相談無料!時効のチェックも無料でお願い出来ます。


posted by タナカハナコ at 13:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。